名演ウェブ
トップこれからの上演作品>風を打つ


名演2022年9月例会 トム・プロジェクトプロデュース公演

風を打つ

作・演出/ふたくちつよし 

音無美紀子 令和元年度(第74回)文化庁芸術最優秀賞受賞作品

上演にあたりましては、新型コロナウイルス 感染防止対策をとり細心の注意を払います。

風を打つチラシ表 風を打つチラシ裏

9月27日(火)19時
  28日(水)13時30分 
日本特殊陶業市民会館ビレッジホール(名古屋市民会館中ホール)
地図

上演時間2時間5分予定
(途中休憩はありません)

    あらすじ・みどころ 
    キャスト・スタッフ
    関連サイトリンク
    会費 月額一般 2800円 29歳以下 2000円  
       高校生以下 1300円
    入会金  一般  3100円 29歳以下 2300円    
    高校生以下 1600円
    新入会の方は、会費と入会金が必要です。それ以外の入場料は必要ありません。  くわしい名演の入会方法はこちら
     日程申込フォームはこちら(会員専用)

    名演入会申込・お問い合わせはこちら

    家族の様々な思いを風に乗せて、今船が動き出す。生きとし生けるものすべてに捧ぐ、ある家族の物語。   

     1993年水俣。あの忌まわしい事件から時を経て蘇った不知火海。
     かつて、その美しい海で漁を営み、多くの網子を抱える網元であった杉坂家は、その集落で初めて水俣病患者が出た家でもあった。
     祖父・祖母を失い、長く続いた差別や偏見の時代を経て、今は娘の栄美子(音無美紀子)が婿の孝史(太川陽介)、次男の悟(いわいのふ健)とチリメン漁を続けている。そこへこの町を嫌って東京へ出ていった長男・功一(高橋洋一)が15年ぶりに戻ってくる。
     栄美子は、今も痙攣やめまいに悩まされながらも漁に出る“肝っ玉おっ母”その栄美子を支える年下の夫孝史は、功一を地元の祭りを盛り上げる竜神太鼓のメンバーに誘い、悟と共に練習に勤しむ。
     一方栄美子は、35年ぶりに水俣の被害の実態を祭りの場で語ろうと決意する。しかし、なお残る差別・風評に傷つき、猛反対する功一。彼はどうして家を出て行き、どうしてまた戻って来たのか。彼の鬱屈の原因が明かされていくノ。
     嵐が吹き荒れる杉坂家の中で、功一と共に水俣に来た嫁の貴子(岸田茜)が栄美子と功一の間の「溝」を埋めようとする。家族全員が、本音で語り合いノ。そして迎えた祭りの日。
     父子の竜神太鼓の演奏に誘われるように、装束を纏った栄美子が“水俣”を語り始めるのだった。

    『風を打つ』とは?

     「風を読む」「風を感じる」ことは漁師にとって、とても重要なことである。彼らが竜神太鼓を心を一つにして演奏することで、「風を打ち抜く」?水俣の偏見に打ち勝って新たに船出する、という意味合いが含まれているのだろうか。
     作・演出のふたくちつよしは、「差別で痛めつけられながらも、立ち直っていく家族の力強い姿を描きたかった。水俣病患者と市民がつながる“あるべき姿”が見えてくるのではないか」と述べている。
     なお、この作品は、実在された水俣病患者の故杉本栄子さん雄さん夫妻と家族を元にして作られた。杉本夫妻は、1969年に患者がチッソ(会社名)を初めて訴えた一時訴訟の原告で、水俣病資料館の語り部として体験を伝え、分断された人間関係を再構築する「もやい直し」の先頭に立たれた。

    出演 

    杉坂栄美子 音無美紀子
    杉坂孝史 太川 陽介
    杉坂功一
    杉坂悟 いわいのふ健
    杉坂貴子 岸田  茜
               

    スタッフ

    作・演出 ふたくちつよし
    美 術 中川 香純
    照 明 五十嵐正夫
    音 響 半田  充
    衣 装 樋口  藍
    舞台監督 小笠 英樹
    宣伝美術 立川  明
    宣伝ヘアメイク 土屋 裕子
    宣伝写真 ノザワトシアキ
    プロデューサー 岡田  潔
    企画制作 トム・プロジェクト


    関連サイト

    管理人の責任でリンクしています、不都合がありましたらご連絡いただければ幸いです。

    トム・プロジェクトウェブサイト https://www.tomproject.com
    『風を打つ』解説 トム・プロジェクトウェブサイト内 
    https://www.tomproject.com/past/play/post-453.html

    トム・プロジェクトTwitter  https://twitter.com/TomprojectInfo

    ステージナタリー 初演時
    https://natalie.mu/stage/news/354563
    俳優歴50年の音無美紀子が芸術祭演劇部門の優秀賞(日刊スポーツ)
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202002130000636.html
    水俣の語り部杉本栄子さん死去(新・宇井純物語)
    http://www14.plala.or.jp/wappa/uijyun/topi/10/topi0504.html
    杉本 肇 さん - 水俣病資料館
    https://minamata195651.jp/pdf/kataribe14_sugimoto.pdf
    「水俣病にもがき苦しんだ母が受け入れた受難ー漁師・杉本肇さんの語り部講話@関西大学」
    https://bigissue-online.jp/archives/1073830928.html

    いわいのふ健さんTwitter https://twitter.com/iwainofu


     名演ウェブ トップページに戻る

    入会案内 / 名演からのお知らせ / これからの上演作品 /サイトマップ
    例会運営サークル/過去の上演作品/管理人日誌/リンク集 / 名古屋演劇情報/掲示板/

    アクセスカウンター
                                                                                 最終更新日 2022/08/01