名演ウェブ
トップこれからの上演作品>大空の虹を見ると私の心は躍る


名演2020年7月例会 文学座公演

大空の虹を見ると私の心は躍る

作/鄭 義信 演出/松本祐子  

上演にあたりましては、新型コロナウイルス 感染防止対策をとり細心の注意を払います。

7月28日(火)19時
  29日(水)13時30分 
       18時30分
日本特殊陶業市民会館ビレッジホール(名古屋市民会寒中ホール)
地図

上演時間1時間45分予定
(途中休憩はありません)

大空の虹を見ると私の心は躍るチラシ表 大空の虹を見ると私の心は躍るチラシ裏
あらすじ・みどころ
キャスト・スタッフ
関連サイトリンク
会費 月額一般 2800円 29歳以下 2000円  
   高校生以下 1300円
入会金  一般  3100円 29歳以下 2300円    
高校生以下 1600円
新入会の方は、会費と入会金が必要です。それ以外の入場料は必要ありません。  くわしい名演の入会方法はこちら
 日程申込フォームはこちら(会員専用)

名演入会申込・お問い合わせはこちら

  人間の優しさ、人生の厳しさ、その中で必ず希望を見いだそうとするたくましさ、いじらしさが大きな感動を呼ぶ、
  鄭義信(チョン・ウィシン)が描く人間模様。 


 舞台は地方都市の繁華街のはずれにぽつんとある、廃館間際の映画館「新星劇場」。
 そこには、それぞれが切なさと輝かしさを湛えながら生きているひとたちが集まり…。

<あらすじ>
 人々の夢の記憶が息づく場所、映画館。区画整理のあおりを受けて取り壊し寸前の「新星劇場」の館主安田均(清水明彦)は、職探しを始める。
 そこに、とうに家を出ていた息子が舞い戻ってくる。いわくありげな男が息子を追って転がり込んできた。
 親子の間には、12年前に亡くなった少年が影を落としている。口にしなかった言葉、言葉にならなかった思いを父と子はどう受け渡すことができるのか。
 閉館前の嵐の夜、それぞれが自ら重い口を開く…。
 そして、いよいよ閉館の日。ラスト・ショーは『シェルブールの雨傘』と『草原の輝き』。嵐の去った大空に、虹が出ていた。

 鄭義信は、2008年に東京・ソウルで上演された新国立劇場制作『焼肉ドラゴン』で、 その年の演劇賞を総ナメにしました。彼のどの作品にも、現実に根を下ろせず、孤独を抱え、それゆえ夢を求めずにはいられない人々が、 身を寄せあって生きる姿が描かれ、共感を呼んでいます。
 
 『大空の虹を見ると私の心は躍る』の初演は2013年。演出は、今回紀伊国屋演劇賞読売演劇大賞最優秀演出家賞を受賞した文学座の松本祐子です。彼女は大阪出身、名古屋育ち(旭丘高校卒)、近年数多くの問題作を手がけています。鄭義信とは何度もコンビを組んでいて、鄭作品の良さを見事に表現しています。
 さて、この長い題名『大空の虹を見ると私の心は躍る』は、イギリスの詩人ワーズワースの詩『虹』の一節です。劇中終盤で映画館主役の清水明彦が諳んじる時、私たちの心に感動の虹がかかることでしょう。

鄭 義信さんプロフィール

 1957年兵庫県姫路市生まれ。同志社大学文学部文化学科美学及び芸術学専攻を中退。横浜放送映画専門学校(現・日本映画大学)美術科卒業。松竹大船撮影所で美術助手を経て、劇団黒テントに入団。
 その後新宿梁山泊の旗揚げ参加、座付き作家として 『人魚伝説』などを書き下ろす。 1993年『ザ・寺山』で第38回岸田國士戯曲賞を受賞。1995年新宿梁山泊退団。 映画『月はどっちに出ている』で数々の賞を受賞。 映画、テレビ、ラジオのシナリオでも活躍。
 新国立劇場で上演した『焼肉ドラゴン』では、第12回(2008年度)鶴屋南北戯曲賞芸術選奨文部科学大臣賞2014年紫綬褒章受賞。

松本祐子さんプロフィール

 1967年大阪府枚方市生まれ。名古屋で育つ。旭丘高を経て明治大学文学部文学科演劇学専攻卒業。1992年文学座付属演劇研究所入所、1997年に文学座座員に昇格。1999年11月から1年間、文化庁在外研修員としてロンドンにて研修。帰国後一作目の『ペンテコスト』で2002年第9回湯浅芳子賞を受賞。
 2006年には『ぬけがら』(文学座アトリエの会)などの演出に対して、第47回毎日芸術賞千田是也賞を受賞。
 2019年には、第54回紀伊國屋演劇賞個人賞第27回読売演劇大賞最優秀演出家賞を受賞した。

           
キャスト          

安田均(新星劇場館主) 清水 明彦
安田映一(均の息子) 柳橋 朋典
安田善蔵(均の父) 鵜澤 秀行
浜田福子(新星劇場従業員) 頼経 明子
佐々木須美江(近所の住人) 名越 志保
菅原太一(映一の友人) 木津 誠之
大野守(映写技師) 山森 大輔
映画館の客 川合 耀祐
音道あいり

スタッフ

鄭  義信
演 出 松本 祐子
装 置 乘峯 雅寛
照 明 金  英秀
音響効果 藤平美保子
衣 裳 山下 和美
舞台監督 岡野 浩之
演出補 所   奏
制 作 友谷 達之


関連サイト

管理人の責任でリンクしています、不都合がありましたらご連絡いただければ幸いです。

文学座ウェブサイト http://www.bungakuza.com/

名越志保さんブログSemi Sweet https://ameblo.jp/227trats/

頼経明子さんTwitter https://twitter.com/raikei2727
木津誠之さんTwitter https://twitter.com/kizupon
山森大輔さんTwitter https://twitter.com/yamamorinod
川合耀祐さんTwitter https://twitter.com/614_kawa
音道あいりさんTwitter https://twitter.com/_otoairi_

岡野浩之さんTwitter https://twitter.com/hiro_reiji
所奏さんTwitter https://twitter.com/kkkanade


 名演ウェブ トップページに戻る

入会案内 / 名演からのお知らせ / これからの上演作品 /サイトマップ
例会運営サークル/過去の上演作品/管理人日誌/リンク集 / 名古屋演劇情報/掲示板/

アクセスカウンター
最終更新日 2020/07/25