名演ウェブ
トップこれからの上演作品>マクベス


名演2020年3月例会 劇団東演公演

2020年12月に延期になりました、詳細は追ってお知らせします。

ワレリー・ベリャコーヴィッチの

マクベス

原作/W・シェークスピア 訳・コーディネート/佐藤史郎  
翻案・演出・美術・衣裳/ワレリー・ベリャコーヴィッチ

3月3日(火)18時30分
  4日(水)18時30分
  5日(木) 13時30分
ウインクあいち大ホール
(愛知県産業労働センター)
地図

上演時間2時間40分予定
(休憩15分を含む)

    マクベスチラシ表 マクベスチラシ裏
    あらすじ・みどころ
    キャスト・スタッフ
    関連サイトリンク
    会費 月額一般 2800円 29歳以下 2000円  
       高校生以下 1300円
    入会金  一般  3100円 29歳以下 2300円    
    高校生以下 1600円
    新入会の方は、会費と入会金が必要です。それ以外の入場料は必要ありません。  くわしい名演の入会方法はこちら
     日程申込フォームはこちら(会員専用)

    名演入会申込・お問い合わせはこちら

      躍る魔女たち、 その魔女に躍らされ、 男は悲劇の泥沼へ

     反乱軍との戦いに勝利したマクベスは、ともに戦ったバンクォーと息高く国王・ダンカンのもとにはせ参じる途中、三人の魔女たちに出会う。魔女たちは、マクベスはコーダーの領主となり、やがて国王になる運命にあると予言する。そして「正義は悪、悪は正義!」と呪文を口にしながら消えていった。  
     思いもしない不気味な予言に動揺しながらもあり得ないことと一笑に付し、国王・ダンカンへの戦勝報告のために急ぐのだった。しかし事態は魔女たちの予言通りに推移していく。戦いの功により国王はコーダーの領主にマクベスを任じたのだ。  
     「魔女どもは真実を知っていたというのか!ということは…」。驚くマクベスは夫人にことの成り行きを話す。「それは予言よ…きっと運命がそう約束したの。だって運命は気まぐれにあなたの頭に王冠を載せたりしない筈。忘れないで、その王冠をご自分の頭に載せるのはあなた自身だってことを!」

    マクベス舞台写真1

     『マクベス』は、ロシアのユーゴザパト劇場のレパートリー作品の中でも重要な位置を占める作品であり、亡くなる直前に日本公演用につくり変えた彼の遺作です。 巨匠のメイエルホリドの演技法である、人間の感情や情念を身体的な動きの中で表現することを継承するベリャコーヴィッチの演劇世界は、独特で不思議な世界を醸し出しています。  
     今回の『マクベス』は、二対の金属製の回転扉があるだけの簡素な舞台装置、それを魔女たちが開閉することで観るものの想像力をかきたてます。光と音楽のコラボレーション、そしてテンポのある俳優たちの演技は、独特で不思議な世界を醸し出します  グロテスクな魔女たち(男優が表現)の演技や舞踏のような群衆の演技、さらにはマクベス夫人を前面に押し出したシーン等々、見どころ満載の舞台になっています。  
     ベリャコーヴィッチ亡き後、モスクワのユーゴザパト劇場を引き継いで、現在芸術監督と俳優を兼ねて大活躍され、現代ロシア演劇を代表する俳優のひとりであるオレグ・レウシン(ベリャコーヴィッチと同じ「人民芸術家」というロシアの芸術家に与えられる最高の称号を持つ)が、ベリャコーヴィッチの演出法を正統に継承するとともに、ベリャコーヴィッチ以上に細かな演技を俳優たちに指導することによって、よりクオリティーの高い芝居が期待できます。

    マクベス舞台写真2

    演出 ワレリー・ベリャコーヴィッチ プロフィール  

    ベリャコーヴィッチ
     1950年8月モスクワにて生まれる。  モスクワの国立教育大学を卒業後、さらに国立ルナチャルスキー演劇大学演出学科をも卒業、演劇の道に。  
    1977年にユーゴザバト劇場を創立。ひと癖もふた癖もある俳優たちを集め、ペレストロイカで出国規制が緩くなった1987年、英国のエジンバラ演劇祭で『ハムレット』を上演、衝撃的な舞台で一躍世界的な評価を獲得(最優秀賞受賞)  
    1990年には日本でも公演。2000年、2003年、2006年にも公演をした。
    劇団東演とは1993年から『ロミオとジュリエット』『モリエール』『三文オペラ』『どん底』『ハムレット』などなど精力的に舞台を創っている。  
    2002年には「ロシア連邦人民芸術家」の称号を授与された。
    ユーゴザパト劇場のレパートリーとしては、『ロミオとジュリエット』『検察官』『巨匠とマルガリータ』『かもめ』『カリギュラ』『マクベス』など30本を超える作品を日替わりで上演している。
    2016年12月6日急逝
     
    ベリャコーヴィッチ演出の名演の例会
    1995年5月『ロミオとジュリエット』(劇団東演+ユーゴザパト劇場)
    2000年9月『検察官』(ユーゴザパト劇場)
    2003年6月『夏の夜の夢』(ユーゴザパト劇場)
    2012年3月『どん底』(劇団東演)
    2014年5月『ハムレット』(劇団東演)
    2017年11月『検察官』(劇団東演)

           キャスト          

    マクベス 能登 剛
    マクベス夫人 奥山美代子(文学座)
    バンクォー 豊泉由樹緒
    フリーアンス(バンクォーの息子) 椎名 啓介
    ダンカン(国王) 島 英臣俳優座
    マルコム(ダンカンの息子) 木野 雄大
    アンガス・門番 星野 真広
    メンティース 阿部 航平
    レノクス 原野 寛之
    ケートネス・殺し屋 蓮池 龍三バオバブ
    ロス 奥山  浩
    兵士 小泉 隆弘
    マグダフ 南保 大樹
    マグダフ夫人 岸並万里子
    その娘 三森 伸子
    殺し屋 藤牧健太郎
    上村  遥
    ヘカテ(魔女の最高位)・殺し屋 M・インチンユーゴザパト劇場
    魔女 A・ナザロフユーゴザパト劇場
    E・オフチンニコフユーゴザパト劇場

    清川 翔三

    藤本 稜太サードステージ

    スタッフ

    原 作 ウィリアム・シェークスピア
    翻訳・コーディネート・通訳 佐藤 史郎
    翻案・演出・美術・衣裳 ワレリー・ベリャコーヴィッチ
    演出補 オレグ・レウシン
    照 明 鵜飼  守
    音 響 アナトリー・ロプホフ
    舞台監督 相川  聡
    制 作 横川  功


    関連サイト

    管理人の責任でリンクしています、不都合がありましたらご連絡いただければ幸いです。

    劇団東演ウェブサイト http://www.t-toen.com/

    劇団東演 Twitter https://twitter.com/GekidanToen
    劇団東演Facebook https://www.facebook.com/gekidan.toen/

    劇団東演ブログActorユs Message Blog http://toen-actorsd.jugem.jp/

    モスクワ・ユーゴザパト劇場(ロシア語)http://www.teatr-uz.ru/

    奥山美代子さん公式サイト http://blog.livedoor.jp/miyocom_-new/
    南保大樹さんブログ「自由帳〜子供の心で」 http://blog.goo.ne.jp/daiju1223

    能登剛さんTwitter https://twitter.com/onitatsu02
    奥山美代子さんTwitter https://twitter.com/miyocom34
    椎名啓介さんTwitter https://twitter.com/tomarazu
    木野雄大さんTwitter https://twitter.com/kino_yuda
    阿部航平さんTwitter https://twitter.com/KOHEI_101Z
    i原野寛之さんTwitter https://twitter.com/haranotty
    小泉隆弘さんTwitter https://twitter.com/5123taka1987
    南保大樹さんTwitter https://twitter.com/kurohaisiro
    岸並万里子さんTwitter https://twitter.com/g7rlc16g16ekwai
    藤本稜太さんTwitter https://twitter.com/hunwariatama011


     名演ウェブ トップページに戻る

    入会案内 / 名演からのお知らせ / これからの上演作品 /サイトマップ
    例会運営サークル/過去の上演作品/管理人日誌/リンク集 / 名古屋演劇情報/掲示板/

    アクセスカウンター
    最終更新日 2020/03/06