名演ウェブ
トップこれからの上演作品>裏長屋騒動記


名演2019年7月例会 劇団前進座公演

裏長屋騒動記

監修・脚本/山田洋次 演出/小野文隆

山田洋次監督と前進座奮闘努力のかいあって
正々堂々の喜劇誕生!?

8月1日(木)18時30分
   2日(金)13時30分
       18時30分
日本特殊陶業市民会館ビレッジホール(名古屋市民会館中ホール)
地図

上演時間2時間55分予定
(休憩25分を含む)

裏長屋騒動記チラシ表 裏長屋騒動記チラシ裏
あらすじ
みどころ
キャスト・スタッフ
関連サイトリンク
会費 月額一般 2700円 29歳以下 2000円  
   高校生以下 1300円
入会金  一般  3000円 29歳以下 2300円    
高校生以下 1600円
新入会の方は、会費と入会金が必要です。それ以外の入場料は必要ありません。  くわしい名演の入会方法はこちら
 日程申込フォームはこちら(会員専用)

名演入会申込・お問い合わせはこちら

  
 
江戸の裏長屋に出入りする紙屑屋(かみくずや)の久六が、浪人朴斎(ぼくさい)とその娘お文(ぶん) に懇願されて買いつけた古い仏像を、表通りの蔵屋敷から声をかけてきた若侍の作左衛門に求められて売ったところ、仏像の腹の中から出てきた、誰の物ともわからない五十両という大金。長屋の浪人も蔵屋敷の侍も、この金は自分のものではないから受け取れないと強情に言いはるので、屑屋は裏長屋と蔵屋敷を行ったり来たり…。
 「これ以上、こんな大金持ってうろうろしていたら、どんな間違いをしてしまうか。あたしはお侍さん方のように立派ではありません。貧しいあたしが罪をおかすのは簡単なことなのです…。」と涙ぐむ屑屋に、はっとして詫びる侍…。
 武士のプライドやモラルのために、貧しい江戸の庶民の良識が崩れそうになりぶつかる瞬間、互いに大真面目だからこその哀しくも可笑しい山田洋次ワールドがあふれます。

 また同じ裏長屋の"らくだの馬"という鼻つまみ者は、今日も傍若無人のふるまいの末、フグにあたって死んでしまいます。
 馬を訪ねてきた兄貴分の半次は、馬の弔いにかこつけてご馳走にありつこうと、久六を巻き込んで強欲大家の家まで乗り込み、目を覆う大騒ぎ。
 そんなある日、作左衛門は藩主綱正から呼び出しを受けます。
 朴斎を訪ねたものの留守居のお文に受け取りを断られ、未だ行き場のない例の五十両でのお咎めかと恐れていると、思いがけない展開が…。

 京都の新春公演を観てきた感想です。観る前は「落語をお芝居にした前進座公演」という先入観で観ていたのですが、少し時が経つうちに「これは、寅さんの山田洋次ワールド」だと思い当たりました。
 裏長屋で暮らす人が集まる活気ある井戸端でお芝居が始まり、人情たっぷりで快い後味の井戸端シーンで終わる構成は「裏長屋人情記」といってもいいぐらい、笑って、涙して、明日の希望が生まれてくる力強いお芝居でした。喜劇ですが、とりわけ面白いことを言って笑わせることは少なく、人情の機微に触れ、心をほんわり温かくして微笑む、まさに寅さんの山田洋次ワールド時代劇版です。
 演じるのは前進座ですから、所作も確かで、江戸の風情に溶け込んだお芝居に仕上がっています。新春京都公演で、これは絶対アドリブだと思っていたセリフが、後で台本を読んだらそのままセリフで出てきたのにはビックリ!山田洋次ワールドを徹底させるために、かなり細かいところまで書き込まれているようです。
 話の流れは、落語の「井戸の茶碗」の話が先にあり、武士と武士の意地の張り合いのあと、乱暴者の大男の「らくだ」の話へ。両方の話に出てくる、正直者の屑屋さん(嵐芳三郎)を上手く使い完全に一つの話にしてあり、落語の元ネタを知らなくても十分楽しめる完成度になっていました。
 ちなみにお芝居の舞台は、江戸の芝。落語の方では白金の細川藩屋敷から清正公あたりが「井戸の茶碗」という落語の舞台ですが、あまりのハイイメージエリアで、「裏長屋」のイメージに合わないのか、増上寺〜浜松町(羽田行のモノレールが出てるところ)あたりに物語の設定は動かしてあります(元々、芝のこの辺りが舞台だという説もあります)。今でもオフィス街の中にそこはかとなく下町情緒の残る、人情噺にふさわしい場所です。(酔人2 Y)

 

       キャスト          

紙屑屋の久六 嵐 芳三郎
緋鯉の半次 藤川矢之輔
赤井綱正/乳母お兼 河原崎國太郎
千代田朴斎 松涛喜八郎
高木作左衛門 忠村 臣弥
朴斎の娘お文 今井 鞠子
高木孟之進/魚屋権六 益城  宏
家主吾助/高木家の中間 柳生 啓介
長屋女房お豊 江林 智施
吾助女房お勘 北澤知奈美
大工の金次 寺田 昌樹
用人石坂/按摩千吉/鳶頭辰 藤井 偉策
らくだの馬/鳶の者竹五郎 松浦海之介
酒屋の小女/綱正の小姓 秋元 辰美
桶職人幸助 松永  瑤
長屋女房お繁 松川 悠子
    

スタッフ

監修・脚本 山田 洋次
演 出 小野 文隆
装 置 小林  楓
照 明 桜井 真澄
音 楽 杵屋 勝彦
杵屋佐之義
音楽監修 杵屋佐之忠
舞台監督 中橋 耕史


関連サイト

管理人の責任でリンクしています、不都合がありましたらご連絡いただければ幸いです。

劇団前進座ウェブサイト http://www.zenshinza.com/
前進座ウェブサイト内『裏長屋騒動記』解説ページ http://www.zenshinza.com/stage_guide4/2019uranagaya_jyunen/index.html
前進座だより『裏長屋騒動記』 http://koendayori.blog111.fc2.com/blog-category-74.html

劇団前進座Twitter https://twitter.com/zenshinza

河原崎國太郎さんブログ https://ameblo.jp/kunitaro-6/

嵐芳三郎さんTwitter https://twitter.com/7teshimaya
忠村臣弥さんTwitter https://twitter.com/masaomi_123
柳生啓介さんTwitter https://twitter.com/yagyu_ajyossi
寺田昌樹さんTwitter https://twitter.com/mahkun1969
松浦海之介さんTwitter https://twitter.com/kainosukespirit
秋元辰美さんTwitter https://twitter.com/atamaz
松永瑤さんTwitter https://twitter.com/Yo_MTNG

落語あらすじ事典 千字寄席より
落語「井戸の茶碗」http://senjiyose.cocolog-nifty.com/fullface/2005/06/post_f8f3.html
落語「らくだ」http://senjiyose.cocolog-nifty.com/fullface/2004/10/post_7.html


 名演ウェブ トップページに戻る

入会案内 / 名演からのお知らせ / これからの上演作品 /サイトマップ
例会運営サークル/過去の上演作品/管理人日誌/リンク集 / 名古屋演劇情報/掲示板/

アクセスカウンター
最終更新日 2019/05/17