名演ウェブ
トップこれからの上演作品>みすてられた島


名演2019年5月例会 秋田雨雀・土方与志記念青年劇場公演

みすてられた島

作・演出/中津留章仁(トラッシュマスターズ)

あなたの町(市)が、いきなり一つの国になったら、あなたならどうする!!
気鋭の劇作家・中津留氏と青年劇場が「いま」を描く

5月13日(月)18時30分
   14日(火)13時30分
       18時30分
日本特殊陶業市民会館ビレッジホール(名古屋市民会館中ホール)
地図

上演時間2時間45分予定
(休憩15分を含む)

三婆チラシ表 三婆チラシ裏
あらすじ
みどころ
キャスト・スタッフ
関連サイトリンク
会費 月額一般 2700円 29歳以下 2000円  
   高校生以下 1300円
入会金  一般  3000円 29歳以下 2300円    
高校生以下 1600円
新入会の方は、会費と入会金が必要です。それ以外の入場料は必要ありません。  くわしい名演の入会方法はこちら
 日程申込フォームはこちら(会員専用)

名演入会申込・お問い合わせはこちら

 近未来のとある島。20XX年、戦争が終結したある夏の夕暮れ・・・。
 児島大作は、あと半年で二期務めた島長(しまちょう)の座を降りる心づもりでいた。折しも本土の反対側の海で繰り広げられていた戦争が終わったところ。さあ、これからは幾分か安堵の生活が始まると思いきや、敗戦処理の中で島が本土と切り離され、独立を言い渡される。
 島内では、独立歓迎派と、本土と一体派、そのかげで利権をめぐる企みも動き始める。中には、こっそり本土の逃げようとする人々もあらわれる。独立に向け、まずは国づくりに必要な憲法をつくろうとするが、「憲法ってどうやって作るんだ?」とわからないことだらけ。
 大作は島の有力者たちを自宅に呼び集め、さっそく憲法作りに着手し始める。島民への告知に対しては「早めに告知したらみんな本土に行って島の人口が減る」と渋る大作。 「個人の自由は尊重すべきだ」「いや、やっぱり島民は外出禁止!」と、早くも議論は白熱。やがて議論は軍隊保持か非戦かと発展していく。「戦争はしないが軍隊は必要」「この島に戦争を吹っ掛ける国なんて」「武器って高いんでしょ」。はてはて、物語のてん末やいかに…。国と島と家族をめぐる近未来コメディ―!

気鋭の社会派劇作家・中津留章仁と青年劇場が初めてタッグを組んだ記念すべき第一作。

 この『みすてられた島』は、敗戦直後に伊豆諸島の大島で起きたGHQによる(日本からの)行政分離の処置に対し、大島の島民が分離・独立に向けて、いわゆる「大島憲法」を作成した知られざる歴史的事実をもとにしています。

 とはいえ、この歴史的事実を忠実に描いた作品ではなく、ある島が日本から分離・独立する状況に立たされたもとで、島民たちが自分たちの憲法をつくるために侃侃諤諤(カンカンガクガク)喧喧喧囂囂(ケンケンゴウゴウ)の議論を重ね、作り上げていくさまを、風刺や笑いも入れ、面白おかしく描いた作品です。あわせて、本来人間の共同体とはどうあるべきかというテーマで作品作りがされています。

大島憲法とは
 
1945年のポツダム宣言時、日本の施政権を本州、北海道、九州および四国に絞る方向が出されていた。翌1946年1月21日、米軍から伊豆大島の元村村長に日本から切り離される旨が伝えられた。このため村長を中心に島の独立に向け、わずか1ケ月間で憲法草案がつくられる。3月上旬には草案がほぼ出来上がっていた。しかし、同3月22日、伊豆諸島を再び日本本土に復帰させる行政分離解除が発令され、かくして大島の独立及び「大島憲法」は幻となった。

 正式名称は「大島大誓言」。敗戦翌年の1946年に伊豆大島で作られた「暫定憲法」。全23条から成っており、前文で平和主義をうたい、第1条で「大島の統治権は島民にあり」と主権在民を明記した。有権者の5分の1の要求で、議会の解散や行政府の不信任を決する住民投票ができるなど、島民主権が意識されている。立憲主義の精神が現れている。現行の日本国憲法となる「憲法改正草案」を発表したのがこの年の4月17日。現行憲法の姿が見える前に、その先を行く進取的な内容をまとめているのである。

作・演出 中津留章仁 

中津留章仁

1973年大分県出身。トラッシュマスターズ主宰。日本劇作家協会副会長。東日本大震災と原発事故を真正面から扱った『背水の孤島』で2011年、第19回読売演劇大賞・選考委員特別賞、同・優秀演出家賞、第46回紀伊国屋演劇賞第14回千田是也賞などを受賞。

 現代社会が抱える問題等を取り入れた骨太な物語で、観る者の魂を揺さぶる重厚な人間ドラマを中心に描き、「演劇の未来」「可能性」に挑戦し続けている。そのあくなき探究心と日々の研究に裏打ちされた他に類を見ない確かな舞台表現は、演劇関係者のみならず、映画・テレビ関係者から熱い支持を集めるいま最も注目される劇作家・演出家の一人。

最近上演された作品
雲ヲ掴ム』『分岐点〜僕らの黎明記』(青年劇場
断罪』(劇団青年座
琉球の風』(劇団東演
明日がある、かな』『黄色い叫び』(トム・プロジェクト
篦棒』(劇団民藝

オルタリティ』『奇行遊戯』『埋没』『不埒』『たわけ者の血潮』『殺人者J』(トラッシュマスターズ

キャスト          

児島大作(61歳) 島長 吉村  直
児島泰江(58歳) 大作の妻 藤木久美子
児島国彦(30歳) 大作の長男 清原 達之
児島範子(27歳) 大作の長女 八代名菜子
椿ゆかり(29歳) 島の女 大山  秋
船江 亮(28歳) 漁師 範子の恋人 本城  憲(客演)
春日昌平(60歳) 島議会議員 元魚市場 葛西 和雄
鳴海耕造(58歳) 海産物工場代表取締役 広戸  聡
島村 昇(52歳) 漁業組合長 漁師 大木  章
貞升恵美(48歳) 島議会議員 元新聞社 湯本 弘美
矢内千佳(49歳) 児島の隣人 松永亜規子
磯辺 栄(44歳) 島議会議員 元教師 島本 真治

スタッフ

作・演出 中津留章仁
美 術 乗峯 雅寛
照 明 石井 宏之
有限会社ブライト
音響効果 佐藤こうじ
Sugar Sound
衣 裳 宮岡 増枝
舞台監督 青木 幹友
宣伝美術 増田 絵里
Design Port
製 作 福島 明夫


関連サイト

管理人の責任でリンクしています、不都合がありましたらご連絡いただければ幸いです。

秋田雨雀・土方与志記念 青年劇場ウェブサイト https://www.seinengekijo.co.jp/
青年劇場ウェブサイト内『みすてられた島』解説ページhttps://www.seinengekijo.co.jp/s/misute/misuterareta.html

中津留章仁さんTwitter https://twitter.com/nakaturu

鳴門市民劇場サイト内 青年劇場 福島明夫さん講演会 「みすてられた島」をより面白く、深く、楽しむため?
http://www.nsg1998.org/square/201706_hukusima/kouen.html

福島演劇鑑賞会サイト内 みすてられた島」に向けて劇団代表の福島明夫さんの公演
http://www5f.biglobe.ne.jp/~fukusimaennkan/99_blank008.html


吉村直さんブログ 吉村直の『俳優生活』 http://y-sunao.jugem.jp/

清原達之さんTwitter https://twitter.com/kiyopom

福島明夫さんTwitter https://twitter.com/fukushimaakio


 名演ウェブ トップページに戻る

入会案内 / 名演からのお知らせ / これからの上演作品 /サイトマップ
例会運営サークル/過去の上演作品/管理人日誌/リンク集 / 名古屋演劇情報/掲示板/

アクセスカウンター
最終更新日 2019/04/04