名演ウェブ
トップこれからの上演作品>十二人の怒れる男たち


名演2018年9月例会 俳優座劇場プロデュース公演

十二人の怒れる男たち

作/レジナルド・ローズ 訳/酒井洋子 演出/西川信廣

裁判劇の代名詞となる不朽の名作。
名演では20年ぶりの再演
私たちも十三番目の陪審員に。

9月20日(木)7時
   21日(金)1時30分
  22日(土)2時
名古屋市青少年文化センター
アートピアホール

地図

上演時間2時間10分
(途中休憩はありません)

共催/公益財団法人
   名古屋市文化振興事業団

十二人の怒れる男たち表 十二人の怒れる男たち裏
あらすじ
みどころ
キャスト・スタッフ
関連サイトリンク
会費 月額一般 2700円 29歳以下 2000円  
   高校生以下 1300円
入会金  一般  3000円 29歳以下 2300円    
高校生以下 1600円
新入会の方は、会費と入会金が必要です。それ以外の入場料は必要ありません。  くわしい名演の入会方法はこちら
 日程申込フォームはこちら(会員専用)

名演入会申込・お問い合わせはこちら


 蒸し暑い夏の日の午後。十二人の陪審員たちは少年の父親殺しという容疑に、有罪(=死刑)の宣告を与えるか、無罪の評決を提出するかの重大な決定をしなければならない。予備投票が行われる。有罪十一票。無罪一票。

 少年の容疑は動かしがたいと思えていたが、無罪票を投じた陪審員が発言する「我々が問題にしているのはある人間の命だということです。もし間違っていたらどうしますか?」

陪審室の空気は一変し、男たちの討論は白熱していく―。

 1954年にアメリカでテレビドラマとして生み出されたこの作品は、ヘンリー・フォンダ主演で映画化され大評判となり、舞台劇は今なお裁判劇の最高峰として世界中で上演されています。十二人の怒れる男たち舞台写真


アメリカのテレビ向けの台本が書かれたのは1954年。それから映画化、舞台化された60年以上も前の作品です。

 しかし、今なお世界中で上演されて続けています。日本でも俳優座劇場が1988年に初演し、それ以来、1995年に演出・出演者を、2015年に出演者を一新して、繰り返し上演されています。名演の例会になるのは20年ぶりです。

女優さんが1人も出てきません。

 登場するのは、12人の不機嫌な男たち(と守衛)です。殺人事件の裁判の陪審員に無作為抽出で選ばれた人たちで、怒っている理由は、真夏の暑い時期に、6日間も裁判の傍聴させられた挙句、冷房も入っていない、扇風機も壊れている部屋で、やりたくもない評決をさせられるからです。全員一致で「有罪」か「無罪」かの結論を出さなくてはなりません。

舞台装置の転換も、衣裳の着替えもありません。歌もダンスもありません。

 陪審員室という名前の殺風景な会議室でのセリフ劇です。陪審員たちは、容疑者の少年は明らかに疑わしいので、5分で「有罪」を決めて家に帰りたいと思っています。ところが、一人だけ「我々が問題にしているのは、ある人間の命だということです。もし間違ってたらどうしますか?」と言う陪審員がいます。他の11人は怒りますが、1時間のつもりで議論を始めます。

登場人物には名前すら付いていません。陪審員1号から12号の番号が付いているだけです。

 しかし、それぞれの人生の背景や性格がみごとに描き分けられています。議論は長引き、白熱化し、怒鳴ったり、つかみ合ったりのケンカまでしながら続きます。演じるのは、文学座、俳優座、文化座、テアトルエコーなどに所属する、達者な役者たちです。


法廷ドラマなのに、裁判官、検察官、弁護士、容疑者、証人等が出てきません。

12人の陪審員たちによって証拠の信憑性がひとつひとつ検証され、覆されていく、正真正銘の裁判劇です。

(明日望会 石川賢一)


名演で過去上演された『十二人の怒れる男たち』

1973年 4月例会 東京演劇アンサンブル公演 訳/額田やえ子 演出/熊井宏之

1号 2号 3号 4号 5号 6号 7号 8号 9号 10号 11号 12号 守衛 裁判長
太刀川敬一 江藤 潤 鎗田順吉 岩田安生 島田和心 飯田和平 松井孝之 塚本信夫 伊藤 克 本多 晋 佐々木章夫 入江洋祐 福島 昭 戸田皓久

1989年 9月例会 俳優座劇場プロデュース公演 訳/額田やえ子 演出/熊井宏之

1号 2号 3号 4号 5号 6号 7号 8号 9号 10号 11号 12号 守衛
渡辺晃三 村松克己 勝部演之 西本裕行 中 寛三 小田 豊 林 秀樹 新 克利 太刀川敬一 児玉泰次 塚本信夫 佐藤正文 笹原 大
  

1998年 4月例会 俳優座劇場プロデュース公演 訳/酒井洋子 演出/西川信廣

1号 2号 3号 4号 5号 6号 7号 8号 9号 10号 11号 12号 守衛 裁判長の声
大滝 寛 荘司 肇 三木敏彦 たかお鷹 井上倫宏 笹原 大 岡森 諦 山本 亘 浜田寅彦 鵜澤秀行 飯沼 慧 山口裕章 須田真魚 矢野 宣

キャスト

陪審員1号 塩山 誠司俳優座
陪審員2号 岸槌 隆至文学座
陪審員3号 青木 和宣文化座
陪審員4号 瀬戸口 郁文学座
陪審員5号 渡辺  聡俳優座
陪審員6号 山本 健翔劇舎カナリア
陪審員7号 古川 龍太(フリー)
陪審員8号 原  康義文学座
陪審員9号 金内喜久夫文学座
陪審員10号 柴田 義之劇団1980
陪審員11号 米山  実文化座
陪審員12号 溝口 敦士テアトル・エコー
守 衛 樋山 雄作

 スタッフ

レジナルド・ローズ
酒井 洋子
演 出 西川 信廣
美 術 石井 強司
照 明 桜井 真澄
音 響 勝見 淳一
衣 裳 山田 靖子
舞台監督

泉  泰至

演出助手 道場 禎一
宣伝美術 勝木 雄二
企画制作 俳優座劇場


関連サイト

管理人の責任でリンクしています、不都合がありましたらご連絡いただければ幸いです。

俳優座劇場ウェブサイト http://www.haiyuzagekijou.co.jp/

俳優座劇場『十二人の怒れる男たち』youtube ステージナタリー https://www.youtube.com/watch?v=hB6zkDRJ93E

樋山雄作さんTwitter https://twitter.com/NU5SlllNl2Z5qJs

映画『十二人の怒れる男たち』紹介 movie walker https://movie.walkerplus.com/mv4399/


 名演ウェブ トップページに戻る

入会案内 / 名演からのお知らせ / これからの上演作品 /サイトマップ
例会運営サークル/過去の上演作品/管理人日誌/リンク集 / 名古屋演劇情報/掲示板/

アクセスカウンター
最終更新日 2018/07/19