名演ウェブ
トップこれからの上演作品>フル・サークル


名演2017年5月例会 劇団俳優座公演

フル・サークル 
原作:エーリヒ・マリア・レマルク
潤色:ピーター・ストーン
訳・演出:勝田安彦

5月29日(月)7時
   30日(火)6時30分
   31日(水)1時30分      

ウインクあいち大ホール
地図)

上演時間2時間
(途中休憩はありません)

フル・サークル表 フル・サークル裏
あらすじ
みどころ
キャスト・スタッフ
関連サイトリンク

会費 月額一般 2700円 29歳以下 2000円  
   高校生以下 1300円
入会金  一般  3000円 29歳以下 2300円    
高校生以下 1600円
新入会の方は、会費と入会金が必要です。それ以外の入場料は必要ありません。  くわしい名演の入会方法はこちら
 日程申込フォームはこちら(会員専用)

名演入会申込・お問い合わせはこちら


 1945年4月30日ドイツ第三帝国崩壊前夜。
 ベルリンのとあるアパートの一室で息を潜める一人の女、
 そこへ強制収容所から逃げ込んできた政治犯、その彼を追うゲシュタポの大尉。
 この三人を軸に、最後の最後まで息をもつかせぬ強烈なサスペンス溢れる緊迫の人間ドラマが展開される。

 1845年4月30日、ソ連軍の猛攻の前に瓦礫の山と化し、断末魔の咆哮をあげるナチス・ドイツ第三帝国の首都ベルリン。───
 とあるアパートの3階の部屋。凄まじい爆撃の音がする中、カーテンを閉じた暗い部屋でアンナはひとりベッドでたばこを吸っている。そこへ、隣部屋の女中、グレタがやってくる。彼女はアンナにいろいろな噂話をするが、アンナは迷惑な顔をするだけである。グレタが噂話を続けているとクルーナーが入ってくる。50過ぎのその男は地区の監視役であり、ヒトラー気取りでふたりに接する。クルーナーとグレタが部屋を出て行くと、アンナは再びベッドに横たわる。
 と、突然、男が入ってくる。オットー・ヴィルケという男を頼って来たという。しかし、アンナからヴィルケは死んだことを聞かされる。男はドイツ人の政治犯でユダヤ人収容所の実態を暴露するために収容所を脱走してきたのだった。アンナは男を追い返そうとするが、そこへグレタがゲシュタポが来たことをアンナに知らせに来る。
 間もなくゲシュタポの隊長シュミットが部下を連れて入ってくるが…。


 *1945年4月30日ヒトラーが自殺する日のベルリンのアパート。
 そこに住む曰くありげな女、逃げ込んできた政治犯、彼を追うゲシュタポの大尉の3人を軸に「生き残り」を賭けた熾烈な駆け引きが展開、どんでん返し
が連続する。
 最後の最後まで息もつかせぬ強烈なサスペンスあふれる緊迫の人間ドラマ。

西部戦線異状なしで名高いレマルクの唯一の戯曲。
 生か死かの極限状況の中で芽生える悲痛なラブストーリーは、『凱旋門』 『愛する時と死する時』などにも通じる硬質なメロドラマ。

潤色のピーター・ストーンは映画『シャレード』でアカデミー脚本賞を受賞。他にトニー賞も3回受賞。


主役の政治犯役 小山力也さんジョージ・クルーニーの吹替・『24シリーズ』のジャック・バウアー役の吹替・『ファインディング・ドリー』のカメのクラッシュ役の吹替。『名探偵コナン』の毛利小五郎の吹き替え。
 2011年声優アワードでは「その年最も声優という職業を世の中に浸透させた功労者」に贈られる富山敬賞を受賞されています。
 2016年9月には鵜山仁演出のイプセン作『幽霊』でマンデルス牧師役を好演し好評を博しました、日本演劇界の注目の俳優です。


凄まじい緊張の120分の劇にふさわしいいつもより緊密な空間の名駅前ウインクあいちで上演
 スリルとサスペンス、どんでん返しの連続『フル・サークル』がより楽しめます。


「そう、俺にも罪がある。手遅れになるまで待っていた罪。奴らが力を蓄えるのを黙って許して しまった罪」 政治犯ローデのこのセリフはあなたにどう響くだろう。
 


キャスト

アンナ 斉藤 深雪
エーリヒ・ローデ 小山 力也
シュミット(ゲシュタポ隊長) 島  英臣
グレタ 安藤みどり
ヨーゼフ・カッツ 中  寛三
クルーナー(地区監視員) 中吉 卓郎
コロヴキン(ソ連軍大尉) 齋藤 隆介
マック(ゲシュタポ隊員) 芦田  崇
ソ連軍軍曹
マウラー(ゲシュタポ隊員) 藤田 一真
ソ連軍兵士

スタッフ

原 作 エーリヒ・マリア・レマルク
潤 色 ピーター・ストーン
訳・演出 勝田 安彦
美 術 大沢佐智子
照 明 石島奈津子
効 果 木内  拓
衣 裳 樋口  藍
舞台監督 宮下  卓
制 作 水野 陽子


関連サイト

管理人の責任でリンクしています、不都合がありましたらご連絡いただければ幸いです。

劇団俳優座ウェブサイト https://www.haiyuza.net/

劇団俳優座ブログ http://blog.livedoor.jp/haiyuza/
劇団俳優座 Twitter https://twitter.com/haiyuza

カンフェティ斉藤深雪・島 英臣・小山力也インタビュー  http://www.confetti-web.com/sp/feature/article.php?aid=39

力也の気持ち 小山力也公式ブログ http://blog.livedoor.jp/rikiya_no_kimochi/


 名演ウェブ トップページに戻る

入会案内 / 名演からのお知らせ / これからの上演作品 /サイトマップ
例会運営サークル/過去の上演作品/管理人日誌/リンク集 / 名古屋演劇情報/掲示板/

最終更新日 2017/04/11
アクセスカウンター