名演ウェブ
トップこれからの上演作品王女メディア


名演2015年11月例会 幹の会+リリック公演 

   王女メディア
原作/エウリーピデース 修辞/高橋睦郎  演出/高瀬久男 田尾下哲

王女メディア

11月24日(火)7時
   25日(水)6時30分
   26日(木)1時30分      

日本特殊陶業市民会館ビレッホール(名古屋市民会館中ホール)
地図

上演時間2時間
(途中休憩はありません)

あらすじ
『王女メディア』の背景にある伝説
キャスト・スタッフ
関連サイトリンク
会費 月額一般 2700円 29歳以下 2000円  
   高校生以下 1300円
入会金  一般  3000円 29歳以下 2300円    
高校生以下 1600円
新入会の方は、会費と入会金が必要です。それ以外の入場料は必要ありません。  くわしい名演の入会方法はこちら
 日程申込フォームはこちら(会員専用)

  一世一代ふたたび。    王女メディアの情念が乗り移った平幹二朗の迫真の演技! 

『王女メディア』は、ギリシア悲劇の三代作家の一人、エウリーピデースの代表作です。
 平幹二朗の「王女メディア」初演は、1978年。蜷川幸雄演出で上演され、高い評価を受けました。その後、ギリシア、イタリアなどでも公演し、海外でも絶賛を浴びました。
 そして2012年、高瀬久男の演出により、「王女メディア」が新しく甦り、日本各地で大絶賛されました。それが今回再び上演されます。せりふ劇としての収斂度が強まっています。
 平幹二朗が演じる王女メディアの憎悪や復讐する心の葛藤、恐いくらいの情念。一時も目が離せない迫力のある演技は圧巻です。

あらすじ
 メディアは、黒海沿岸の国コルキスの王女だった。
 ギリシアのイコルコスから金羊毛を手に入れるためにやって来たイアーソンと恋に落ち、力を貸す。こうしてメディアは、父や家族、故郷を棄てて、イアーソンとイオルコスへと向かった。そしてイアーソンから王位を奪った領主を殺害し、コリントスへと逃れてきたのである。
しかし、イアーソンは自分の保身のため、コリントスの国王クレオンの娘を妻に迎えることを決める。クレオンは、メディアと二人の息子に国を出て行くよう命令を下した。
 メディアは、夫の裏切りに対し、燃え上がる憎悪。夫への復讐を決意する。そして・・・。-

 

 エウリピデース作『王女メディア』の背景にある伝説
メディア(妻):コルキス国の王女で太陽神ヘリオス(=アポロン)の孫。女神ヘカテの巫女(魔女)
イアーソン(夫):イオルコス国の王子

【アルゴ遠征の物語】(BC13 世紀末頃)
 《エウリピデスのメディア上演はBC431 年》

 イアーソンの叔父ペリアスは、海神ポセイドンの息子であり、イアーソンの父王アイソンとは父親違いの兄弟である。ペリアスによって父王アイソンは幽閉され、王位を奪われた。幼いイアーソンは息子の身を案じた両親によってケイロンに預けられた。(ケイロン=半人半馬で音楽、弓術、医術に秀でる)
 成人したイアーソンは故国イオルコスに戻り、叔父に王位の返還を求めた。叔父は王位を返す条件として、コルキスにある黄金の羊の毛皮を取ってくるよう命じる。このときイアソンは、叔父が自分の死を望んでいることを知った。(コルキスは黒海沿岸にある、現在のグルジア西部)
 イアソンは女神ヘラの助けもあって50余名の勇士を集めた。一行にはヘラクレスなど全ギリシアに名を謳われた英雄豪傑がそろっていた。若いイアーソンが首領となり、一行は巨船アルゴでコルキスに向けて出航する。途中、数々の危難をしりぞけながら目的地に向かった。
 この頃、オリュンポスでは神々の会議が開かれていた。女神ヘラたちは、アプロディテに頼んで、その息子エロスの矢の力で、メディアがイアーソンに恋をするよう画策した。メディアの魔法の力なくしては、金羊皮を故国に持ち帰ることはできないと思われたのだ。
 コルキスの国王アイエテスはメディアの父である。イアーソンの金羊皮の要求にたいし、国王は交換条件を告げる。「青銅の足を持ち、口から火を吐く牡牛をつかって聖地を耕し、竜の歯を撒け。すると武具に身を固めた武士が地から湧いてでてくる。これをすべて討ち果たせ」
 同席していたメディアは、エロスの矢に射抜かれ、イアーソンに一目惚れした。彼の身を心配したメディアは魔術で作った薬をからだに塗るよう彼に指示する。魔薬で一時不死身になった彼は、国王の難題に打ち勝った。父王の怒りを怖れたメディアは、出奔を決意する。
 一行は森の大樫にたどり着いた。その枝には燦然とかがやく金羊皮がかかっている。それを巨大な竜が見張っていた。メディアが魔薬を竜に塗りつけ呪文を唱えると、竜は眠ってしまった。イアーソンは金羊皮を手にいれた。
 一行はアルゴ船で帰途についた。怒った国王が軍勢を率いて追ってきた。メディアの弟が率いる大軍が待ち構えている。メディアは奸計によって弟を殺し、コルキスの船は女神の雷によって追跡を断念した。メディアが幼い弟を切り刻んで海に撒き、追っ手がそれを拾いあつめる間に逃げのびた、という説もある。
 イオルコスに帰ったイアーソンは、叔父ペリアスに約束を果たすよう迫ったが、ペリアスは王位を譲ろうとしない。そこでメディアはペリアスの娘たちに魔法で牡羊を釜の湯にいれて若返らせるのを見せた。娘たちはメディアにもらった薬草を釜にいれ、老父ペリアスをそこにいれた。ペリアスは煮えて死んだ。復讐をはたしたメディアとイアーソンは、(王女メディアの舞台となる)コリントスへ逃げのびたのであった。


出 演

平 幹二朗
山口馬木也
乳母/土地の女 間宮 啓行
隣国の太守/土地の女 廣田 高志
守役/土地の女 神原 弘之
夫の家来/子供/土地の女 斉藤 祐一
夫の家来/子供/土地の女 内藤 裕志
領主/土地の女 三浦 浩一
女たちの頭 若松 武史

スタッフ

原 作 エウリーピデース
修 辞 高橋 睦郎
演 出 高瀬 久男
田尾下 哲
音 楽 金子 飛鳥
美 術 伊藤 雅子
照 明 勝柴 次朗
衣 裳 太田 雅公
音 響 高橋  巖
ヘアメイク Eita
振 付 キミホ・ハルバート
演出助手 渡邉さつき
舞台監督 井川  学
宣伝写真 操上 和美
宣伝美術 山本 利一
制 作 麻生かほり
プロデューサー 秋山佐和子
企画 ・製作 幹の会+リリック


関連サイト

管理人の責任でリンクしています、不都合がありましたらご連絡いただければ幸いです。

『王女メディア』公式サイト http://lyric-produce.com/

「王女メディア」公演公式Twitter  https://twitter.com/tochinoonna

若松武史さんオフィシャルブログ http://www.k-seven.co.jp/blog_wakamatsu/ 

斉藤祐一さんTwitter https://twitter.com/bokusaito

金子飛鳥さんウェブサイト http://www.askakaneko.com/
伊藤雅子さんウェブサイト http://www.masakoito.com/
オフィス新音ウェブサイト http://www.shin-on1981.com/
Eitaさんオフィシャルブログ http://ameblo.jp/eitahairmakeup/
キミホ・ハルバートさんウェブサイト http://www.kimiho.org/Kimiho_HOMPAGE_2011/Welcome.html
操上和美さんウェブサイト http://www.kurigami.net/


 名演ウェブ トップページに戻る

入会案内 / 名演からのお知らせ / これからの上演作品 /サイトマップ
例会運営サークル/過去の上演作品/管理人日誌/リンク集 / 名古屋演劇情報/掲示板/

最終更新日 2015/10/23
アクセスカウンター