名演ウェブ
トップこれからの上演作品>音楽劇 わが町


名演2014年1月例会 俳優座劇場プロデュース公演 

   音楽劇わが町
作/ソーントン・ワイルダー 翻訳/鳴海四郎 演出/西川信廣
音楽/上田亨 作詞/宮原芽映

音楽劇わが町

1月29日(水)6時30分
   30日(木)1時30分
   30日(木)6時30分

日本特殊陶業市民会館ビレッホール(名古屋市民会館中ホール)
地図

上演時間
2時間45分予定
(途中休憩15分を含む)

あらすじ
 
キャスト・スタッフ
関連サイトリンク
会費 月額一般 2600円 29歳以下 2000円  
   高校生以下 1300円
入会金  一般  2900円 29歳以下 2300円    
高校生以下 1600円
新入会の方は、会費と入会金が必要です。それ以外の入場料は必要ありません。  くわしい名演の入会方法はこちら
 日程申込フォームはこちら(会員専用)

宇宙から見た“わが町”
 永遠という時間の中での“私の人生”、
 神様の目にはどう見えるんだろう!?

今から百年ほど前の物語。今より人の人生がそれほど複雑ではなかった時代。人は生まれて恋をして結婚して死んでいく……
小さな町の何気ない日々を、ピアノの調べにのせて美しく謳い上げた舞台は、冬の風に冷えた心を少しあたためてくれる、かも。

 
 土居裕子さんの“天使の歌声”が場内に響く。時に嬉しげに、時に悲痛に。他の出演者のコーラスも美しい。
 時は20世紀初め。所はアメリカ合衆国、ニューハンプシャー州の小さな田舎町クローヴァス・コーナーズ。
 一幕目は“日常生活”、二幕目は“恋愛と結婚”、三幕目は“死後の世界”の三幕物。
 エミリー・ウェブ(土居裕子)とウェブの家族、ジョージ・ギブズ(粟野史浩)とギブズの家族の生活、そしてエミリーとジョージの恋愛と結婚を主軸にして、この物語は、展開されていく。
 ささやかな日常の出来事、ささやかな人々の交情(気遣い、諍い、恋情)が、なんと愛おしく、美しく描かれていくことか。
 ソーントン・ワイルダーの名作を演出の西川信廣さんと音楽の上田亨さんが音楽劇にした。人類(人間)の本質を衝いた哲学的なテーマを持ちながら、心暖かで、リリカルで、透明感のある舞台に仕上がっている。乞う、御期待!


出 演

エミリー 土居 裕子プランニング・クレア
進行係 原  康義文学座)
ギブズ医師 瀬戸口 郁文学座)
ギブズ夫人 麻乃 佳世ジャンクション)
ジョージ 粟野 史浩文学座)
ウェブ氏 川井 康弘俳優座)
ウェブ夫人 花山 佳子エンパシィ)
レベッカ・ギブズ 保  可南芹川事務所)
ジョー・クローエル 茜部 真弓Pカンパニー
ウォーリー・ウェブ
サイ・クローエル
ソームズ夫人 岡 のりこテアトル・エコー)
サイモン・スチムソン 金子 由之( )
ハウイ・ニューサム 金  成均スターダス・21
ウィラード教授
ワレン巡査 藤側 宏大文学座
ピアノ演奏 佐藤 拓馬

スタッフ

ソーントン・ワイルダー
翻 訳 鳴海 四郎
演 出 西川 信廣
音 楽 上田  亨
作 詞 宮原 芽映
美 術 二村 周作
照 明 桜井 真澄
音 響 山北 史朗
衣 裳 山田 靖子
ステージング 室町あかね
歌唱指導 北川  潤
満田 恵子
舞台監督 泉  泰至
演出助手 道場 禎一
宣伝写真 玉川  豊
宣伝美術 ミネマツムツミ
企画制作 俳優座劇場


関連サイト

管理人の責任でリンクしています、不都合がありましたらご連絡いただければ幸いです。

俳優座劇場 http://www.haiyuzagekijou.co.jp/

土居裕子さんオフィシャルサイト【インカラー】 http://homepage2.nifty.com/p-crea/doi/d_top.html
土居裕子さんブログ「do-it!」 http://bowbowwanwan.jugem.jp/
麻乃佳世さんセカンドサイト http://homepage1.nifty.com/kayo_a/
麻乃佳世さんブログ「ハーミアの徒然日記」 http://second-sight.cocolog-nifty.com/blog/
佐藤拓馬さんウェブサイト http://www.sattak.sakura.ne.jp/
佐藤拓馬さんブログ「お勝手になさい」 http://sattak.exblog.jp/ 

上田亨さんウェブサイト http://uedastudio.com/


 名演ウェブ トップページに戻る

入会案内 / 名演からのお知らせ / これからの上演作品 /サイトマップ
例会運営サークル/過去の上演作品/管理人日誌/リンク集 / 名古屋演劇情報/掲示板/

最終更新日 2013/12/20
< アクセスカウンター