名演ウェブ
トップこれからの上演作品>樫の木坂四姉妹


名演2013年3月例会 劇団俳優座公演 


作/堀江安夫 演出/ 袋正

大塚道子3月例会『樫の木坂四姉妹』長女しを役を演じる予定だった
大塚道子さんが、2月26日、虚血性心疾患のため、急逝されました。
心よりお悔やみを申し上げます。
なお、大塚さんの役は、青山眉子さんが引き継がれることになりました。

宴会泥棒 3月12日(火)6時30分
   13日(水)6時30分
   14日(水)1時30分 
 
日本特殊陶業市民会館ビレッジホール
(名古屋市民会館中ホール)          地図
上演時間
2時間45分予定
(途中休憩15分を含む)
解説
あらすじ 
みどころ
キャスト・スタッフ
関連サイトリンク
会費 月額一般 2600円 22歳以下 2000円  
   高校生以下 1300円
入会金  一般  2900円 22歳以下 2300円    
高校生以下 1600円
新入会の方は、会費と入会金が必要です。それ以外の入場料は必要ありません。  くわしい名演の入会方法はこちら
 日程申込フォームはこちら(会員専用)


 長崎での被爆を縦糸に、三姉妹の人間関係を横糸にして、一つの重厚な織物が織られていく。舞台は2000年で、三姉妹は70歳前後の年齢である。狭い家で暮らす三姉妹の葛藤から、三姉妹の壮絶な過去が、炙り出されてくる。
  たくさんの物事が原爆投下・戦争によって奪われた。その多様な側面の一つ一つに光を当ててくれる。悲惨な物語でありながら、同時に、人間とは本当に信頼に足るすばらしいものだと教えてくれる。静かで、深い深い感動を生む作品である。  


あらすじ

 長崎港を一望する古い石畳の坂道を、土地の人々は樫の木坂と呼んでいる。樹齢数百年を越える樫の老木が葉群れを広げる葦葉家は山の斜面を切り拓いただらだら坂の中腹にあり、被爆者である老三姉妹の生活を撮り続けているカメラマンの州崎が通っていた。
 2000 年、長崎が夏を迎えようとしていたある日、州崎は部屋のピアノについて尋ねる。それは四女のゆめが双子の姉の供養のために買ったものだった。
 …今から55 年前、両親と兄、四姉妹の7人家族のあたたかく穏やかな日々がいつまでも続くように思われていたあの頃……。
 戦争、特攻による兄の死、姉(妹)の死、被爆…。
 「わたし達の毎日には一度だって8月9日が消えたことがなかとーー」
 戦争が終わっても残された三姉妹は常に忌まわしい過去と被爆の現実に向き合わされていた。

みどころ
 
 舞台は、二幕ともこの大きな樫の木を背にした葦葉家の居間の場面一つである。その家の家具や出演者の年齢こそ変わっていくが、一つの舞台設定で、1945年と2000年がみごとにつながっていく。登場人物も姉妹を演じる長女( 青山眉子) と次女( 岩崎加根子) 四女( 川口敦子) それとカメラマンの四人で語られ続けていく。
 少女のころに長崎で被爆し、ともに七十歳近くなっている三姉妹が、今も実家のこの樫の木の前の家で暮らしている。「わすれじの会」のかたりべをしている長女も、奔放に人生を送ってきたであろう次女にも語りつくせないほどの思いがある。家を守っている四女にも・・・。姉妹だからこその言い合いや思い込みや行き違いも三人のみごとな語り合いで綴られていく。
 多くの被爆者がそのことに意識的に背を向けて生きてきている。しかし、わたしたちは、その沈黙の意味を同じ人類としても知らなければならないと思う。二幕の中盤、次女ひかるが自分が隠し続けてきたつらい過去を吐露する場面は圧巻である。車いすにすわったままで、ひかるを演じ切る岩崎加根子の名演技には、涙が止まらなくなることだろう。そして、亡くなったひかるのノートを読むカメラマンの洲崎の言葉が心に突き刺さる「被爆者の数、数十万人というが、名前のない被爆者は一人もいない。」と。
 
 ヒロシマ、ナガサキは、遠い昔の教科書で学ぶことではありません。
 3・11を経験した私たちは、数万の死者が出たこと。何十万の避難の暮らしを余儀なくされている人々のこと。そして、放射能の被害に不安を抱いて暮らしているフクシマの方々のことを考えないわけにはいきません。地震国日本の沿岸に50数基も作られてしまった「原発」の作り出す豊かさ?の上にのうのうと生きてきたことを今一度、考えなければならないと思います。


出 演

                                                 
葦葉しを(長女) 青山 眉子
葦葉ひかる(次女) 岩崎加根子
葦葉ゆめ(四女) 川口 敦子
洲崎(カメラマン) 武正 忠明
葦葉駒吉(父) 河原崎次郎
葦葉せい(母) 平田 朝音
葦葉幸雄(兄) 脇田 康弘
葦葉しを(長女) 小林 亜美
葦葉ひかる(次女) 小澤 英恵
葦葉まり(三女) 齊藤奈々江
葦葉ゆめ(四女) 森根 三和

スタッフ

堀江 安夫
演 出 袋   正
美 術 内山  勉
照 明 森脇 清治
効 果 田村  悳
衣 裳 若生  昌
方言指導協力 長崎市民劇場
舞台監督 関  裕麻
制 作 山崎 菊雄


関連サイト

管理人の責任でリンクしています、不都合がありましたらご連絡いただければ幸いです。

劇団俳優座 http://www.haiyuza.net/

劇団俳優座ブログ http://blog.livedoor.jp/haiyuza/
劇団俳優座Twitter https://twitter.com/haiyuza

平田 朝音さんブログ http://blog.livedoor.jp/tomonehirata/
脇田康弘さんブログ 「それでもまわる地球」 http://blog.livedoor.jp/waki_ni/
小澤英恵さんブログ http://ameblo.jp/yumemizukihanamizuki/
森根三和さんブログ「MIWA☆NOTE」http://ameblo.jp/ekadgj/


 名演ウェブ トップページに戻る

入会案内 / 名演からのお知らせ / これからの上演作品 /サイトマップ
例会運営サークル/過去の上演作品/管理人日誌/リンク集 / 名古屋演劇情報/掲示板/

最終更新日 2013/03/08
アクセスカウンター